アラフィフ主婦、陸マイラーを目指す

飛行機乗らずにマイルを貯めて、旅して食べてお買い物…そんな空と陸との雑談などなど

ウィーンからザルツブルクの最安移動と必須ザルツブルクカードについて~観光はウンタースベルク山を推したい!

f:id:moonbow5:20190616154845j:plain


2019年5月末から6月にかけてウィーン旅行をしてきました!その5泊したうち丸1日はウィーンから片道約2時間半のザルツブルクまで日帰り遠足に。

ウィーンから足を延ばす行き先としてプラハやブダベスト、ハルシュタットやザルツカンマーグートなど行きたいトコはありまくりですが、ウィーン滞在を減らすという選択ができずそれらは涙をのむことに…。


でもすこーしだけ足を延ばしどこかに行きたいなという欲求は捨てきれず、去年はウィーンから列車で1時間ほどのメルクへと、そしてそこからはヴァッハウ渓谷ドナウ川クルーズを組み込み、やっぱりとっても楽しかったので♪遠足重要!


moonbow5.hatenablog.com


そこで今回の行き先は、日帰り可能のザルツブルクです。

ウィーンとザルツブルク間の移動や検索の最中に見つけた最安のチケット入手のタイミング、またそこまでメジャーではないと思われるザルツブルクでの観光としてお山へ登った話などを書いていきますね。

ザルツブルクとは


ザルツブルクはオーストリアザルツブルク州の州都で、ドイツと国境を接しています。
ザルツブルクのザルツは『塩』、ブルクは『砦』という名の通り、その昔は岩塩の交易によって栄えた都市。

1996年には『ザルツブルク市街の歴史地区』としてユネスコ世界遺産に登録されています。


他に、モーツアルトの生誕地・カラヤンの故郷・名作映画『サウンドオブミュージック』の舞台・ザルツブルク音楽祭という世界的行事の開催地・観光に便利な小ぢんまりとした美しく可愛らしい街並み…と、ちょっと挙げるだけでも魅力大!でもあります。


ウィーンーザルツブルク間の列車は2種類~最安を狙おう!


ザルツブルクとウィーン間は列車1本で簡単に移動可能。

また、利用する列車として

  • 私鉄のWestbahn ウェストバーン
  • オーストリア国鉄ÖBBのRailjet レイルジェット


との2種類があります。※もっというと停車駅が多いので所要時間は増えちゃうもののICもありますが、今回は触れずに進みますね。

が、駅と線路は共用、といいますか、国鉄の線路に私鉄が間借り(?)して走ってるってところです。


要注意なのは、数年前から今現在だと駅が新しくなっていたり乗り入れの列車が増えたり…といった変化あり!
今回実際に利用するにあたりいろいろ検索していてそのあたりで混乱もしました。


そこで、今回実際に往路ウェストバーン復路レイルジェットを利用してきましたので、2019年6月現在、今のところ最新だと思われるものを記しておきたいと思います。


ちょっと余談!ドイツ語表記・日本語表記・たまに英語表記で混乱?駅の名前


その前に!わたしもブログ上で統一していないのもよくないのですが(すみません!)駅名がこんがらがるんですよね…。つい日本語で言っちゃうのだけど、空港からのアクセスにも関係してくるものを含め主要駅名を簡単に一覧にしておきますね。

ドイツ語 日本語 英語
Wien Hauptbahnhof ウィーン中央駅 Vienna Central Station
Wien- Meidling ウィーン・マイドリンク Vienna Meidling
Westbahnhof 西駅  特にナシ?
Wien-Mitte ウィーン・ミッテ駅 Vienna Mitte

路線図で見ると位置関係はこんな感じ。Meidlingを色で囲んでない…すみません。


f:id:moonbow5:20190516160921p:plain


www.wien.info


ウェストバーン鉄道


わたしは今回往きはWien-Mitte駅から乗りたくて(ホテルから徒歩で行けたため)、でもMitteはザルツブルク行きのレイルジェットは通っていないので、往路はウェストバーンを利用しました。


ちょっと前までウェストバーンはWestbahnof 西駅からしか利用できなかったようなのですが(以前は↓の図のグリーンラインしかなかった)、現在はブルーラインが加わり選択肢が増えたようです!
グリーンラインとブルーラインだなんて、横浜市民には馴染みが深すぎる…笑。


f:id:moonbow5:20190614000216p:plain
https://westbahn.at/en/より



ではいざザルツブルクへ向け出発!!
ホテルから徒歩でミッテ駅に到着~。様子のわかりづらい画像ですが…。綺麗な駅でした♪

f:id:moonbow5:20190616172906j:plain



ちょっぴり不安なまま向かいましたが、駅に入るとバンっと大型電光掲示板がありプラットホームの確認が容易にできるので、表示されているホームへと向かえばいいだけなので楽勝です♪
わたしが乗るのは5:59発のザルツブルク行き!


そしてたどり着いたホームにも小型掲示板がちゃんとありました。

f:id:moonbow5:20190616172931j:plain



言われた(書かれてる)通りのホームへ着いても「ホントにココで合ってるんだろうか…」と若干不安なまま待ちます。

そんな中可愛い自動販売機を発見☆
マンナー(ウィーンのお土産大定番のウエハースのメーカーです)の販売機!マンナーなどのお菓子は良心的な価格だけどドリンクはお高めでした…。


f:id:moonbow5:20190616172955j:plain



いくつもの列車を見送り(早く着きすぎて)、やっとわたしの乗る列車が到着。

f:id:moonbow5:20190616173027j:plain



5時59分発はなかなかのガラガラぶりでした…がその後停車するごとに乗客は増えてきて、最終的にはなかなかな埋まり具合となりました。

f:id:moonbow5:20190616173055j:plain




ウェストバーンは車内WiFiも良好♪そして車内販売もあります。
列車内でチケットチェックをするスタッフさん(車掌さん?)が車内販売もこなし、また出たゴミも集めてくださってました。素敵な働きぶり!


わたしはハムとチーズのサンドをいただいてみました。するとそれがウィーンの人気パン屋さん『Anker』のものだったので、一度も伺ったことのなかったお店がクリアできて(無理矢理笑)嬉しかったです。ごちそうさまでした。


f:id:moonbow5:20190616173115j:plain

わたしは早朝利用だったためMitte駅のスーパーも他のお店もことごとくオープンしていなかったのでこうして車内販売でいただきましたが、一般的な時間帯であれば駅で購入したほうが選択肢もたくさんですよね。



そうこうしているうちにザルツブルクが近づいてくると、山々が確認できるようになってきてテンションあがってきましたよ。

f:id:moonbow5:20190616173136j:plain




さて、ではチケットについて
チケットはWestbahn ウェストバーンの公式サイトにて購入できます。アプリも有り。

https://westbahn.at/en/


チケットは印刷でもスマホのWalletでも(アプリ利用)OK。わたしは予備に印刷しつつ実際の提示はWalletでしました。



ウィーンーザルツブルク間のチケット代の定価は33.50ユーロ

f:id:moonbow5:20190616232438p:plain


↑の画像は公式サイトのトップページ下部にあるものですが、サイト内の【Ticket Shop】へと進み購入しようとしてもこの価格で出てくるので定価ってことだと思われます。
※情報あさってて得た定価としては【26ユーロ】前後だったのですが、値上がりしたのでしょうか…



ですが、ちょっとお待ちください~。
【Tichet Shop】から購入しようとせず、サイトのトップページのこの画面↓に行き先などを入力し進むと

f:id:moonbow5:20190616180934p:plain



変動する価格のチケットに出会えるんです!!一番左側の【superpreis】が価格の変動する特売(?)チケットです。



これは、利用予定日のひと月以上前

f:id:moonbow5:20190613235012p:plain



そして、予定日のひと月前を切ったばかり。13.99ユーロ!
このタイミングが、わたしがチェックしていた中で最安となっていました♪

f:id:moonbow5:20190613235029p:plain



その最安からの3日後

f:id:moonbow5:20190613235049p:plain




つまり乗車予定日のひと月前を切ったら数量限定で一旦13.99ユーロになり、そして数量限定なのでその後売れ行き具合により便ごとに価格は異なってくるって感じですね。
実際に今回わたしは13.99ユーロでウィーンからザルツブルクに行ってきましたよ☆


補足として、表で見る通り【vorteilspreis】と【standard preis】の価格は固定ですが、【vorteil~】は指定カード(?)保有の方専用の価格のよう。お得意様用ってことかと思います。



今回早朝の便だったのでそう混んではいないのでは?という読みで座席指定もせず、またお席のアップグレード(1等車などへ)もしませんでしたが(結果そのままで十分でした)、そのあたりもウェブで簡単に手続き(購入)できますよ。


また、ウィーンやザルツブルクの駅には改札はないのでそのまま入れちゃう・乗れちゃうのですが、ウェストバーンはそもそも駅に券売機がないので(駅はÖBBのものに過ぎないから)、チケットを持たずに飛び乗ってしまったとしても、車内で車掌さん(と呼ぶのか?巡回してくるスタッフさん)から購入すればいいいようです。もちろんその際は定価ではありますが…。クレジットカードも可。



【ウェストバーンの料金以外のまとめ】

  • 1時間に1本
  • 食堂車・車内飲食販売アリ
  • 車内で乗車券購入可・クレジットカード可
  • 追加料金で1等車や席の指定可能
  • WiFiあり

オーストリア国鉄ÖBBのレイルジェット


復路はレイルジェットを利用しました!
復路は混んでいるかもと思い、往路は格安でゲットする予定でいたため復路のレイルジェットでは1等車へとアップグレードもして車内食も楽しもう♪というのと、どちらも乗ってみたかったからっていうのとで決めました。


ウェストバーンでかなりお得なチケットが売り出されるように、レイルジェットにもその類はあります。
まず定価は59ユーロ、ウェストバーンの33.50ユーロと比べるとちょっとお高めですね。


ですが、早割なのか?早めに購入することでお安くすることも可能。
これはわたしの乗車予定日の40日前です。

f:id:moonbow5:20190617001007p:plain



レイルジェットの最安は19ユーロです!

ウエストバーンほど売り出しのタイミングがつかめなかったのですが、最安19ユーロで入手するとなるとやはりひと月前には購入したほうがよさそうです。
でもその後もウェストバーン同様、すぐに定価になるわけではないものの予定が決まれば早めにお手配しておいたほうがいいですね。
※ただ、レイルジェットはキャンセル不可なのでご注意を!ウェブ購入後3分間(!)はキャンセル可能時間が設けられてはいますが…。


わたしは復路のザルツブルクからウィーン中央駅までのレイルジェットを今回19ユーロで、そして1等車ファーストクラスへとアップグレードし(+10ユーロ)尚且つ無駄に席を指定(+3ユーロ)のトータル32ユーロで利用してきました。
※ファーストクラスの同じ車両にはわたし含め3名くらいしか乗客はいなくて…今回席の指定は無意味だったようです笑


【レイルジェットの料金以外のまとめ】

  • 途中停車駅の多少により所要時間が変わるので一概には言いにくいが、ウェストバーンの1時間1本よりは本数がある
  • 1等車としてファーストクラスとビジネスクラスとがありビジネスクラスが最上(飛行機とは逆なのでややこしい)
  • 食堂車・車内飲食販売アリ(1等車はお席まで運んできてもらえる)
  • WiFiあり
  • 1等以上(ファースト・ビジネス)のチケットがあれば駅によってはクラブラウンジが利用できる(ザルツブルク・ウィーン中央・マイドリンクなど)


ウェストバーンは普通席・レイルジェットは1等車にしたので単純比較はできませんが、シートはレイルジェットのほうが良いような気がしました~。
なんと外観が1枚もないのですが、レイルジェットは赤いカッコいいお姿でした♪


f:id:moonbow5:20190617001111j:plain




ウェストバーンもレイルジェットも、早くに購入すればお得ではあるけれど予定がたたない・お天気を見て決めたいなどいろいろだと思うので、そういった場合の直前購入ならば価格的にはウェストバーンが使えると言えるかなと思います☆



駅に着いたらザルツブルクカードを購入しよう!


お山を一気に近くに感じつつ到着したザルツブルクの駅は想像以上に立派!新しい!!(安定の写真の無さ…
※大きなスーパーもあるしお店も思った以上にたくさん!駅利用時に不便はまったくないです


そんなザルツブルクの駅に着いてまずすることはというと…ザルツブルクカードの購入です。
交通機関乗り放題+観光スポット・施設の入場無料という、いわゆる観光カードです。


『駅のインフォメーションなどで購入できる』という情報をもって到着しましたが、それらを見つける前に、駅構内の本屋さんにて日本語で【ザルツブルクカードあります】というのを目にしてしまい、そちらへ吸い寄せられるように入店、そして購入しました笑(レシートによる店名は Press P&B Books となっています)。

購入時にパンフレットもいただけ、そしてカードの裏面に名前・使用日・使用開始時刻を記入するように言われます。クレジットカード使用可。



そんな観光カードはウィーンにもありますが、わたしはウィーンでは一度も利用せず。
が、ザルツブルクカードのお得ぶりは利用しない手はないってほどなんです!


まず交通機関乗り放題を含むカードなので、利用日数によって価格は変わります。


2019年ですと、5月1日~10月31日がハイシーズンとなっていて

24時間 29ユーロ
48時間 38ユーロ
72時間 44ユーロ


子ども(6~15歳)は半額です。


今回わたしは日帰りなので24時間を購入!29ユーロです。

f:id:moonbow5:20190618140304j:plain



ザルツブルクカードにおいて、ウィーンのそれと比較するとほとんどの観光施設にこのカード1枚で入場できちゃう!というのが問答無用で購入必至の理由です。
※イベントやコンサート関連は割引対応


その上、ザルツブルク内はケーブルや高速エレベーターを利用して高台まで移動という観光目玉がいくつかあるのですが、それらもカードがあれば無料!確実に元はとれますよ☆



実のところわたしはザルツブルクでの観光施設巡りはあまりしなかったのですが、それでも以下で使用しお得度実感!

  • ウンタースベルク山へのロープウェイ 25ユーロ
  • ホーエンザルツブルク城(ケーブルカー込み) 12.90ユーロ
  • メンヒスベルクの丘のエレベーター 3.80ユーロ
  • メンヒスベルクの近代美術館 8ユーロ


これに加えバスも何度か乗車したので、もうなんてありがたいの~って感じです。絶対皆さん訪れるであろうところをスルーしまくっていますが、それでもこの成果(?)。


モーツアルトの家・生家、ザルツァッハ川クルーズにヘルブルン宮殿など、一般的な観光スポットもこのカードで無料入場できるのですから、観光目的でザルツブルクを訪れたなら買わないという選択はないなあという感想です☆


www.salzburg.info


気軽に山登り!ウンタースベルクから絶景を楽しもう!


駅でザルツブルクカードを手にし早速街歩きです。
まだ時刻は午前9時、今のうちにとりあえず写真におさめたいところを駆け足でまわっておきました。

  • ミラベル庭園
  • モーツアルトの生家
  • ゲトライデガッセ


f:id:moonbow5:20190618143436j:plain
※鉄細工の看板で有名なゲトライデガッセ


午後は人混みが激しくゲトライデガッセの撮影は困難となっていたので、この廻り方は正解だったかな。


ってことで、いざお目当てのお山・ウンタースベルクを目指します!
山ガールでも(ガールの部分は大目にみてください…)なんでもないのですが、なぜだか行きたい!と強く感じたので今回組み込みました。
『容易にそこそこの高さの山に登られる』というのに魅かれたのでしょうか…。


地図で見るとこちら。



ザルツブルクの街の中心から25番のバス【Grödig Untersbergbahn行き】に乗って向かい、終点まで乗りっぱなしです。所要時間約30分(ザルツブルクカード提示で無料ですよ)。

わたしは進行方向左側に座ってしまったのだけど、右側に座ることで迫力ある山の姿がどんどん近づいてくるのが見られるため圧巻と言えると思います♪是非右側でー。


車窓からの民家や牛さんなどのどかな風景に釘付けになっていたら30分なんてあっという間でした!



バスの終点Grödig Untersbergbahnの停留所で降りると、まあ乗客みなさん目指す場所は同じではありますが、ケーブルカー乗り場もすぐに確認できるので何も迷いようがありません!

f:id:moonbow5:20190618152722j:plain


f:id:moonbow5:20190618152737j:plain


ケーブルは30分に1本


ザルツブルクカードをスキャンして乗り込みます!
ぎゅうぎゅう詰めというほどではないものの、結構混んでましたね。


さあ、これから10分弱で1776メートルを一気に登ります。


f:id:moonbow5:20190618152757j:plain

f:id:moonbow5:20190618152821j:plain

このあたりまで和やかなケーブル内、人様のお宅を上から見下ろして失礼いたします~なんて思いながらちょっとほのぼの。


ですが、段々と山肌を間近に感じてくるとちょっとした緊張感も。

f:id:moonbow5:20190618152837j:plain


途中、生き物発見!!キツネだったのかな??(撮影かなわず…

f:id:moonbow5:20190618152859j:plain


うおーーーって声がつい出ちゃいますね~迫力!!
そしてケーブルもガクっガクっと恐怖の瞬間もあって、それもまた楽しい♪

f:id:moonbow5:20190618152915j:plain



そして到着~!
さ、寒いーーーー。なんと気温7℃(ウィーンは25℃とかそんな日でありながら)。
お天気いまいちということもあって、眺望としてはちょっと残念ではありますが…。



コースもいろいろです。わたしは15分コースで進みます。

f:id:moonbow5:20190618152957j:plain

f:id:moonbow5:20190618153014j:plain



15分コースが目指すのはあの十字架!

f:id:moonbow5:20190618153033j:plain


一番楽ちんコースなので弱音など吐けませんが、寒さのせいで(きっと。たぶん)息切れが…。

f:id:moonbow5:20190618153050j:plain


そして十字架に到着したものの、本来案内板の地図と実際の景色とを照らし合わせながら「あの山が…この山が…」とあーだこーだと楽しめるその一連の行動もままならず。
ただただやってきたという自己満足だけで大して写真も撮らず戻ることにしました。


f:id:moonbow5:20190618153124j:plain


下りつつ雄大な景色はしっかりと眺めましたよ、写真は少ないけど汗。

f:id:moonbow5:20190618153109j:plain



この雪道を進んでる方もいました!せっかくだから途中まで行ってみればよかったかな。

f:id:moonbow5:20190618153142j:plain



帰りのケーブルからの眺めも楽しめます♪

f:id:moonbow5:20190618153159j:plain


ケーブルの駅まで戻り外に出ると、来たときには気付かなかった可愛いホテルも。

f:id:moonbow5:20190618153217j:plain



山登りの類に無縁なわたしですが、お天気いまいちで眺めも限定されてしまったけど、本当に楽しかった!また行きたい!!



そんなウンタースベルク山を、ザルツブルクの街に戻ってからホーエンザルツブルク城より眺めてみました。
てっぺんが左にひょこんと傾いた形がウンタースベルクの特徴なのですが、それをなんとか捉えようと雲の切れ間を狙ってたのだけど途切れず断念。

f:id:moonbow5:20190618152229j:plain


ああ、さっきまであそこに行ってたのかあ…と感慨深く眺めていました(雲よ逃げろと願いながら~)。


観光客で大賑わいの街の中心からそう遠くないトコにあるお山、ハードル低く山ガール気分(しつこい笑)が味わえるし、非日常感バッチリだし、お天気いまいちだとしてもやっぱり素晴らしい山の迫力は感じられたしで本当に行ってよかった!おススメです☆


ちなみに、ザルツブルクからウンタースベルクの25番バスのルートの途中に、観光スポットであるヘルブルン宮殿(噴水など面白い仕掛けの楽しめるスポット)や動物園もあるので、効率よく観光も出来そうですよ♪

ザルツカンマーグートを周遊バスで!


そんな大満足のウンタースベルクですが、実はめちゃくちゃ悩んだのがこちら。
ザルツカンマーグート周遊バス。

www.salzburg-sightseeingtours.at


途中下車しなければ3時間弱で完結できそうですが、せっかくなら歩いても見てみたい…という葛藤もありつつ、今回はお手軽ウンタースベルクのほうにしました。



ザルツブルク、日帰りでも楽しむことは十分可能ですが、できたら1泊はしたいなあ。
そしたらザルツカンマーグート半日バス観光を組み込むことも、ハルシュタット観光を組み込むことも容易に♪


1度行けたら満足~ではなく、また行きたいってなっちゃうのはどうしたらよいのでしょうね…笑。


今回の残念なお天気は『リベンジせよ』というお告げと捉え(笑)、また行きたいと思います♪(こんな感想ばっかり増えていく…)



【今回のウィーン旅のダイジェスト記事】

moonbow5.hatenablog.com



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村