読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフィフ主婦、陸マイラーを目指す

飛行機乗らずにマイルを貯めます!貯めたマイルで海外へ~【2017年はSFC修行!】

【2017年SFC修行1-1】エアチャイナ・ビジネスクラス利用でのSINタッチへ出発!~北京での乗り継ぎもクリア☆

SFC 2017年SFC修行

ついにわたしのSFC修行がスタート。わたしの修行において、きっと一番の難関となるであろうエアチャイナのビジネスクラスで行くシンガポールタッチが一発目です。
オットも「チャレンジャーだね…」と。こういう場合、女性のほうが潔いのかもしれません。わかりませんけど。

ってことで、翌日にはPPが!

f:id:moonbow5:20170113140421j:plain

PPにばかり目がいっておりましたが、当たり前だけどちゃんとマイルもついてます。
10258マイル加算です。


ということで、今回は出発からシンガポール着までを振り返ってみることとします。

往路

1月7日 羽田 北京
予定 19:30 22:30
運航状況 19:39 22:14
8日 北京 シンガポール
予定 00:10 06:30
運航状況 00:56 06:51

1月7日、いよいよ出発当日。
飼い猫が何かを察知しているのかソワソワしていて、しかも「行ってくるね~」と挨拶しようにも、今度はどこかに隠れて出てきません…。
オットはオットで猫と二人きり(ふたり?まあいいか)になるのが嬉しいので、『わたしの留守中に何か素敵なご予定でもおありで?』って言いたくなるようなニヤけぶりです笑。
わたしがいると心おきなくじゃれ合うことが出来ない2人のようですので、わたしの留守はオットとしては大歓迎のようで助かります。
ってことで、猫に挨拶出来ぬまま、後ろ髪ひかれつつ出発しました。


さて、今回のチケットは10月2日に予約しましたので、3か月この日を待ち望んできたわけです(緊張も相当ではありましたが笑)。

ってことで、いざ!!!

羽田空港着!そしてラウンジへ


自宅最寄駅から空港まではリムジンバスが出ていますので楽ちんなんです。
そして羽田に到着!羽田の国際線ターミナルは実は初でした☆行くまで気付かなかった…。

今回はエアチャイナ(中国国際航空)の利用です。
チェックインカウンターはご覧のL。ホントのホントに端っこでした…。
17時までカウンターがオープンせず、到着時(16時過ぎ)にはエアチャイナの看板すら出ておらず、そんなこととは知らず真っ先に目についた【AirC…】という文字列だけでエアチャイナと判断、危うくエアカナダのカウンターに並ぶとこでした。危ない危ない。恥ずかしすぎる。自ら気付けてよかったです笑。

f:id:moonbow5:20170112180025j:plain


ってことで、生まれて初めてのビジネスカウンターの利用。エコノミーの列はそれなりに並んでいましたが、ビジネスは2~3組のみ。あっという間に手続き完了です。
エアチャイナの場合もネット予約時にANAのマイレージ番号を登録できますが、稀にきちんと反映されていない場合があるとかで、カウンターにて一応確認しておいたほうがより安心ってところですね(今回問題なく登録できていました)。

そしてやはり言われてしまいましたよ。
まあ!到着されてその日のうちにお戻りになられるんですね?大変ですね~。お仕事ですか?」と。

「ええ、まあ。ウフ」とごまかします。まあこのへんはもうどうってことないというか、歳も歳ですのでどうとでも応戦(?)可です笑。


そして、保安検査場を抜け、ひたすら皆様のブログで予習してきましたANAラウンジへいよいよ潜入です!!

f:id:moonbow5:20170112235444j:plain

エスカレーターを上がりラウンジフロアになると、右と左と運命の分かれ道(?)が!右手には、入室するには高い壁が立ちはだかっているスイートラウンジです。いいなあ♡
ダイヤステータスを目指すことはしないと思いますが、いずれ、いつかはファーストクラス利用はしたいと思っていますので、目に焼き付けておきます。待っててね!


一人芝居はほどほどにして、お邪魔することとします。

ラウンジで気付いた点

衝撃その1

わたしのお邪魔した17時過ぎは、さほど混んでもなく好みの場所をキープするのも容易でした。
が!!皆さんが日頃各ブロガーさんの記事にどれほど目を通されているのかわかりかねますが、わたし相当読ませていただいてるんじゃないかなーと思います。
というのも、ラウンジ?あれ?ココ来たことある!!!という錯覚を覚えたほどです笑。

つまり、「わたしついにラウンジに入れたんだわ☆」という感動が…あの…ちょっと薄い感じといいますか。
とにかく一大事ですよ!!笑 待ちに待ったラウンジに興奮しなかったんですから。

それとも年齢的なものもあるんでしょうか?最早ちょっとやそっとじゃ心揺さぶられることもなくなってしまったのでしょうか?
とにかく、相当ショックな場面となりました、これ。 

衝撃その2

初のラウンジ潜入に平常心という状況に対しショックを引きずりながら、せっかくなのでお食事をいただくこととします。
噂のカレーを少々と、カプチーノとチョコをいただきました。

ここでまた判明したことに、【わたし撮影が出来ない】という事実。人様のいる前で写真が撮れない。いや屋外での風景とかそういうのなら大丈夫と思うのですが…。
とにかく、ラウンジ内の様子や、陳列されているお食事など1枚も写真ありません!!

ブログを書く以上、写真って必須ですよね。旅行記・修行記はお写真があってこそワクワクも共有できますもんね。

もう、修行終えたらブログやめるしかないな…。

ーと、ラウンジの感動がやや薄いという結果にはなりましたが、でも出発までの時間をこちらで過ごせるのは本当にありがたい。ゆったりと余裕のあるお手洗いやシャワーも使用できるのは助かりますね。


羽田ー北京

そういえば、チェックイン時に『ANAラウンジから今回の搭乗口までは20分見ていただいたほうがよろしいかと…』と言われてましたので、ちょっと余裕を見てラウンジを出ました。
今回4レグとも搭乗口は端っこという、歩いて歩いて歩きまくることとなりました。

そしていよいよビジネスクラス搭乗。
ただ、今回の羽田ー北京間はビジネスクラスといってもフルフラットではなく、特筆すべき点の少ない機材のようです。こちらも予習済みでしたので特に期待もしていなかったので感想も特になし。
そもそも飛行機自体が久しぶりなため、エコノミーでの座席仕様なんかもピンとこないので比較しようがないのですが、パーソナルスペースという観点ではまったく問題なしというか、お隣さんとの距離も全く問題なく、これはやはりビジネスクラスだからだろうなーというのは感じました。
今回のお隣は白人女性でした。わたしは窓側です。

ウェルカムドリンクはオレンジジュースを。普段からあまりアルコールを飲まないため、慣れぬことをして体調崩すのが怖いので、勿体ないですが今回一貫してアルコールいただきませんでした。
食事のお供には炭酸水をお願いし、あとはお茶をいただきます。

この便でのメニュー。

f:id:moonbow5:20170113145757j:plain


お隣の女性はお食事はパスし、お茶だけにされていました。
実のところ、わたしもさほどお腹はすいてなくお食事いらないなあと思ったのですが、ネタ的にいただいておきました。でも写真撮らなかったので意味ないですね…。


北京着(最大難関の乗り継ぎ実体験!)ーシンガポール

お腹がすいていなかったのは緊張のせいもあるかもしれません。
というのも、北京到着後には、最大の難関である乗り継ぎ手続きが待っているのです!
ただでさえ乗り継ぎ時間が短いためヒヤヒヤなところ、手続き…これは一か八かでもあるようなんですよね。その日によって、時間によって所要時間の目安が立てづらい?

とにかく、北京到着後は一目散に移動開始するに限ります
幸いビジネスクラスなので真っ先に降りられますので、その後はただひたすら【国際線乗り継ぎ】の案内目指して早歩きします!


f:id:moonbow5:20170113153430j:plain


こちら実は復路で撮ったものだと思うので若干看板タイプは違うかもしれませんが、とにかく黄色い字で【Transfer】や【乗り継ぎ】、途中から【国際線乗り継ぎ】なんかもありますので、その案内に従って進みます!
案内を信じて進んでいくと、入国審査場があらわれます。レーンもたくさん、人もたくさんでついていきそうになりますが、ぐっと我慢です。


これをエアチャイナのマップで見てみますね。

f:id:moonbow5:20170209192800p:plain

での記述をマップ上に置き換えると、右上の【人マーク】のルートをひたすら歩み進めることとなります。
そして中央部の赤い複数の印の部分が入国審査場ということになります。


 そして入国審査場の脇、↑のマップで見ると赤く囲まれている2か所が乗り継ぎ手続きとなるトランスファーデスクなのですが(【24時間以内の国際線乗り継ぎ】という案内も出ていました)、わたしは往路・復路ともに、下のほうしか目に入りませんでした。
つまり、降機後進んでいくと、マップで見るところの上部のトランスファーデスクには気付かず(あるのかどうかも定かではありませんが)、目に飛び込んでくるのはまずは入国審査場です。
それのすぐ先(マップでの下のほうの)がトランスファーデスクということです。

しかしココ、間口が狭くショボいスペースです。わたしのときで2人の係員しかいませんでした。
そこではパスポートと搭乗券を見せるだけ、無言のやり取り(?)で終了です。
幸い他の到着便の客より先に並べたため(わたしの並んだ直後から、別の便の到着客が一気に後ろに並び始めました)、ここでの所要時間は10分程度だったと思います。これも到着のタイミング次第ですよね…。


そしてそこをクリアすると道なりに進むことで階下へと移動します。
そしてそちらにて手荷物検査なのですが、階下へと降りるとそこは降りてきた乗り継ぎ客と、出国組の本土の人たちとが合流するかたちに。
どこに並んでよいか目視で判断できなかったので奥へと進もうとしたところ、係員に何か言われ(なんと言われたかはわからず笑)、進むのをやめ手前に並ぶことに。
今思えば、奥まで進むと出国組との合流列で、手前なら乗り継ぎ組だったのかなあと思います。
レーン自体が分けられているのかはその時々で違うらしいのですが、レーンの区別がなくとも、階下に降りたら手前側におとなしく並んでいたほうが無難だろうなあと思いました。


またここでの検査では、往路・復路ともに探知機でひっかかってしまったわたしです…。それはそれは入念にボディチェックされまくりました笑。
金具は一切身に着けておらず(時計もはずした)、何に反応しているのか?なのですが。
復路のここではボディチェックをされながら係りのおねえさんに「あ!リング?」と訊いてみたのですが「ノー」とのお返事。そして「シューズ」と言われました。
靴にも金具なんてついてないんですけどね…。
でもはなから靴脱ぐように言われる国も多いですよね。面倒なのでどこでも脱いじゃえば確実なのでしょうか。


ーと、ここでおそらく30分程度、計40分程度を乗り継ぎに要しました

でもきっとコレはスムーズにいったほうだと言えるんだと思います。日によりかなりここでの状況は変わると思うので、乗り継ぎ時間は本来もっと余裕見ておかれたほうがよいとは思います。

あ、あと、①の途中(入国審査場より手前)に、ワゴンに毛の生えた程度の【乗り継ぎデスク】があらわれるのですが、ココは搭乗券のない方用のデスクみたいで、しかもわたしは往復ともに係員無人状態しか見ませんでした笑。
乗り継ぎ分の発券は済ませている方には無縁の場ですので、ココに万が一人が並んでいたとしても惑わされず進みましょう!



さあ!シンガポールまではいよいよフルフラットシートです!

f:id:moonbow5:20170113155244j:plain


って!わかりづら!すみません…。伝わらないと思いますが、ちゃんと本当にフルフラットとなる楽ちんシートでした。
今回のお隣さんは白人男性。わたしは窓側です。

f:id:moonbow5:20170113160528j:plain


真夜中ですので、簡単なメニューです。が、ホントお腹すいてないなあ。うーん。
ヌードルをお願いし、少しだけいただきました。残してすみません…。
そしてまたもや炭酸水とお茶(青茶)でおしまい。


そうそう、炭酸水といえば、往路の羽田ー北京便には日本語OKなCAさんがいらして、そのまま「炭酸水お願いします」と日本語でお願いしました。
出てきたのはペリエでも他の有名どころのものでもなく、アルミ缶350mlの中国語パッケージのものが出てきまして(あ、もちろんグラスも)そこに【SODA WATER】との記載があったんですね。
じゃああとの3レグもそれでOKね☆と思い、この2レグ目ではsoda waterでお願いしました。が、……通じません。わたしの発音の問題か?何度か試すも通じず、「gas water」を試すも通じず笑。

うーん、もういいかな他のもので・・と思ったそのとき、隣席の男性が「sparkling?」と。
おおおおおーそれそれ!!!それです!!!ありがとう!!!
なんか炭酸水ごときで連想ゲームまで始まり、恥ずかしかったです。スパークリングさえ一瞬出てこなかったという…ね。
でも無事炭酸水にありつけました。

で、帰国後【炭酸水】で調べたらちょっぴり奥が深かった笑。そもそもイギリス英語とアメリカ英語での違いがあって。はい、勉強になりました。


さて、食後はみなさんそそくさとお休みモードに。
みんな寝てる中、孤独に外を眺めて過ごすのは相当気に入りました!もちろん真っ暗なのですが、星を眺めつつスピッツ聴いてたら、このまま死んでもいいなと思ってしまいました笑。なんだ?これ。
いやいや、猫さんが待ってるので(え?オットは?)生きて帰りますけどね。

ここまでのまとめ

反省だらけというか、気付きだらけというか。
SFC修行をするわけですが、わたしの場合それと並行して【撮影修行】もしなければなりませんね。
 
また、羽田ー北京間は正真正銘の1発目の1レグ目、しかも北京での乗り継ぎ不安・遅延不安がありましたので相当緊張していました。
その上、北京ーシンガポールは夜間飛行。本来自宅では爆睡中の時間帯ですが空の上を飛んでいます笑。
フルフラットで横にもなりましたが、うつらうつら~と1時間眠れたかどうか?なレベルの睡眠時間。にも関わらずシンガポール着後にまったく疲れは感じていなかったんですよね。肩が~とか腰が~といったこともなく。
やはりビジネスクラスってステキ☆って思えました。


【今回のSINタッチの前記事】
moonbow5.hatenablog.com

【当記事の続き~シンガポール到着】
moonbow5.hatenablog.com


【関連記事】
moonbow5.hatenablog.com


※何故だか前記事アップ後から、はてなスターの表示がされなくなってしまいました…(PCのみで、スマホからは大丈夫なようです)。
スターが付けられないから~と、お気遣いいただいてたらすみません…。
はてなには問い合わせ中なのですが。あ、ちなみに、設定はちゃんと【スターの表示ON】にしておりますよ☆


↓ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いいたします☆

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村