アラフィフ主婦、陸マイラーを目指す

飛行機乗らずにマイルを貯めます!貯めたマイルで海外へ~【2017年はSFC修行!】

主婦の案件には限界がある?マイル貯まらない?→ANAカードファミリーマイルで解決!

わたくしのように専業主婦だと、ポイントサイトの活用にも限界があるんじゃないかな?とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。
例えば、クレジットカード発行なんて出来ないのでは?とか思ってしまうかもしれませんね。

専業主婦のクレジットカード発行状況

わたしも当初は、クレジット案件はスルーかな~と思ってました。
が、実際はカードによりけりで、専業主婦(わたくしのように収入はキレイに(?)ゼロ)でも発行できる、つまり審査の緩めなカードなどもあるんですよね。
例えば、実際わたくしが収入ゼロ状態で申し込み発行できたものに、楽天カード・Yahooカード・MUJIカード、そして陸マイラー必携のソラチカカードがあります(ただ発行は出来ても、案件の条件内容によっては【キャッシング枠を設ける必要のある】場合もあり、その場合収入ゼロの身だと、カード発行は出来てもキャッシング枠は設けてもらえない。つまり条件をクリア出来ずに、結局はポイント付与対象にならないということもありますので、そこのところは要注意です)。
※その後、アメックスゴールドも発行出来ています。


ただ、発行できるものはあるものの、やはり限りがあるというのが現実です。
カード会社側の発行条件に【本人に安定した継続収入があること】と明記されているものもありますので・・。
例えば、陸マイラーのクレジットカード(決済カード)所持率がナンバーワン?と推測されるANAワイドゴールドカードにおいては【原則として、満20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方】と明記されています。

このようなことから、収入を生み出せていないわたしのような専業主婦のクレジットカード発行には限界があると言えます。


ポイントサイトの案件はクレジットカードだけではないですので、他でポイント獲得を目指すことも出来るとはいえクレジット案件は高ポイント獲得のチャンスでもありますので、可能な限りはチャレンジしたいですよね。

専業主婦のポイントサイトの取り組み方


そこで我が家の場合のポイントサイトの利用法としては、ポイントサイトを日頃から積極的に行っている(外食案件やモニター案件・FX案件など)わたくし名義とは別に、オット名義でもポイントサイト登録をしております。
オット名義のほうは、わたくしでは申し込めないクレジットカード申し込み専用という立ち位置で、今のところそれ以外には利用していないのですが(今後はもっと活用予定)、もちろん夫婦でフルで活動という方もたくさんいらっしゃるようです。


しかし名義を別にしてしまうとマイルもそれぞれに貯まるわけなのでそれよりも1人の名義に一本化したほうが数字も大きいのでは?と素朴な疑問も出るかもしれません。


が、これもありがたいシステムにより、すっきり解決です!

家族分のマイルを合算できるANAカードファミリーマイル


ANAには『ANAカードファミリーマイル』というものが用意されていて、家族がそれぞれ貯めたマイルを、特典に交換する際に、必要なマイル数のみをあわせ利用できるサービスがあるんです。

ファミリーマイルで利用できる特典として

  • ANA国内線特典航空券
  • ANA国際線特典航空券
  • ANA国際線アップグレード特典
  • 提携航空会社特典航空券
  • ANA SKYコイン

があります。


ANAのサイトでイメージをつかんでみましょう♪

24-3.png


こういうことですね。

ファミリーマイルの仕組み

正式名称が【ANAカードファミリーマイル】となっていることから読み取れるように、ANAカードのサービスの一環なんですね。つまりANAカードの保有が大前提!(このANAカードというのは、カードの券面にANA CARDと記載されているものとなります)

では、家族間のマイルの合算に用いるこのサービスに登録する流れです。

プライム会員を決める

合算したマイルを管理(取扱いの権限を持つ)する代表者を決めるのですが、この代表者を【プライム会員】と呼びます。
プライム会員になれるのは、ANAカードの本会員をメインカードに設定している人が対象です(複数のANAカードを持っている場合に、どのカードをメインカードと設定するかはANAのサイトにて個人で決定や変更ができます)。

ファミリー会員を決める

マイルを合算する対象となる会員を選定します。名称は【ファミリー会員】といいます。
設定できるのは、プライム会員と生計を同一・同居する配偶者および一親等以内の家族です。
ファミリー会員は最少1名~最大9名まで登録可能です。
また、このファミリー会員も当然ANAカードの保有が大前提となります(家族カードも可。18歳未満および18歳の高校生の場合はANAマイレージクラブの会員であれば可)。

ファミリーマイルの手続き


プライム会員・ファミリー会員を決めたら次は実際の登録になりますが、オンラインで手続きできる場合と書面手続きとなる場合があります。

ファミリー会員が、プライム会員のANAカードの家族会員のみの場合


この場合はオンラインで申込み可能です。

f:id:moonbow5:20161111143722p:plain


マイレージ番号でログイン後、【マイメニュー 各種お手続き】より進みます。
そして【ご家族の利用】→【ANAカードファミリーマイル】と進み手続きします。

ファミリー会員が、プライム会員のANAカードの家族会員以外の場合

この場合は書面手続きが必要となってしまいます(同一住所であるかなどの証明が必要となってくるため)。
こちらをダウンロードし必要書類を添付の上、封書で申し込みます。

http://www.ana.co.jp/amcservice/amcimg/renew/familymile/pdf/application_form_160701.pdf
※ANAカードファミリーマイル参加申し込み書


必要書類は、1.健康書検証のコピー 2.住民票 のいずれか1点となります。


また、このサービスを利用し合算しているファミリーマイルの数字は、プライム会員のマイル口座残高でのみ確認できます(つまりファミリー会員の口座からは、自分保有分のマイルしか確認できません)。

更に、ファミリーマイルで利用できる特典を受けるには、プライム会員が別途【特典利用者登録】に利用する者を登録しておく必要があります。こちらもマイメニュー→ご家族の利用→特典利用者登録と進むことで簡単に登録可能です。
また、このファミリーマイルで特典利用をする場合も、特典申込みが出来るのはプライム会員のみとなります



このありがたいサービスのおかげで、日頃からポイントサイトで貯めているわたくしの分と、時折発生するオットのクレカ発行によるポイントの分とでそれぞれ貯まるマイルを合算して利用できることになるわけです。


例えば、わたしが3万マイル・オットが7万マイル貯めていたとして香港へビジネスで行きたいな〜と思った場合、2人で8万マイルが必要なのですが単独で見ると2人ともその数字に届きません。
でもファミリーマイル登録をしておけば、3万+7万=10万の保有となりますので十分足りるということになります。

また同じ数字をモデルに別パターンとして

【わたしだけが香港へ行きたい場合、エコノミーなら特典必要マイルは2万マイルのため自分の保有マイルだけで賄えるので自分で手続き可能。でもビジネスで行きたい場合4万マイル必要となるため自分の保有マイルでは足りずファミリーマイルでなら可能です。このファミリーマイルを使用したいとなると、オット(プライム会員)がファミリーマイルを利用して手続きすることにより、わたし分の特典航空券を申し込める】

といった流れとなります。


専業主婦などでポイントサイトでの活動に制限が出てきて思うように稼げないな〜といった場合でも、家族でがんばればそれぞれは思うような数字ではなくても、合算することによって大きな数字となりえますね☆



【関連記事】

moonbow5.hatenablog.com
moonbow5.hatenablog.com