アラフィフ主婦、陸マイラーを目指す

飛行機乗らずにマイルを貯めます!貯めたマイルで海外へ~【2017年はSFC修行!】

貯めたポイントをマイル化する移行スケジュール(ソラチカルート)とドットマネーのギフトコード

ポイントサイトでポイントを貯めのちにマイル化するためには、ポイント移行をすることとなります。
そしてそのルートも重要。

moonbow5.hatenablog.com


そして、そのルートの利用に際し、ソラチカカードの発行、ならびに移行に必須なポイントサービスサイトへの登録も必要となります。

ポイントサイトの登録とは別途、このルートの経由に際しドットマネーの登録も必要となってきます(ドットマネーとはポイントサービスサイトで、通常はマイル化へのポイント移行の中継サイトとしてしか利用しないのですが、たまに目玉案件があったりすることも。ともかく、登録はこちらも必須となります)
ドットマネー - 手数料無料で現金・ギフト券・ポイントにお得に交換
また、ポイントサイトによってはドットマネーの経由できないサイトもあり。その際にはPeX経由となるため、こちらも登録が必要になる場合があります。
ポイント交換のPeX

ポイントの移行ルートの二本立て

ポイント移行に際し少々ややこしいことに、陸マイラーとしてみなさん利用しているサイトからマイルへのおすすめ移行ルートは2通りに分かれてしまうんです。各ポイントサイトからの移行ルートが全て同じなら楽なのに…。
というのも↓の移行ルートの内、2番目のドットマネーを経由できるか出来ないかの違いがあるからなんです。

f:id:moonbow5:20160923234739p:plain


ドットマネーの利用ができない場合はPeXを利用することとなるのですが、その一覧。

ハピタス・ちょびリッチ・ポイントインカム・ゲットマネー ドットマネー可
ポイントタウン PeX


PeXの移行時に手数料が50円発生してしまうためドットマネーのほうが重宝されるワケなのですが、でも実のところドットマネーがポイントサイトに参入してきたのは割と最近ですので、それまでは選択の余地なくPeXを皆さん利用してきていたわけです。
ですのでドットマネー経由が出来ないサイトに対しても、『別に、今まで通りだわ~』という感覚で利用すればいいのですけどね。


ポイント移行スケジュール

さて、ポイントの移行ルートの確認が出来たら、次にこれまた少々ややこしい移行スケジュールについても把握しておく必要があります。それぞれのポイント移行に要する日数や締日が異なるため、うっかり忘れたりなんてことも起こりやすいのです…(わたくし?)。


毎月貯まった20000P(メトロポイント→ANAマイルへのひと月の上限が20000Pとなっているためこの数字で見ていきますね)をマイル化するためポイント移行する順番としては

①ハピタス(各ポイントサイト)→ドットマネー(もしくはPeX)ー数日で反映(20000P)
②ドットマネー(PeX)→メトロポイント 15日締めの翌月11日反映(20000P)
③メトロポイント→ANAマイル 15日締めの翌8日反映(18000P)


となります。
以上を踏まえて、各自でスケジュールを組めばよいのですが、わたくしはポイント反映が嬉しくて待ちきれずポイント付与と同時に移行していたところ、数字がミスしたりしたこともあったため、自分でちゃんと日にち設定しました!


毎月1日に、貯まった20000Pをドットマネー(もしくはPeX)へと移行
毎月12日に、①によりドットマネー(PeX)に移行されてきた20000Pをメトロポイントへと移行
↑の②と同日12日に、前月分が移行されてきたメトロポイント20000P→ANAマイルへと移行


と、することとしました!
ちなみに、①についてですが、ハピタスの友達紹介が順調にいっているという方は、ハピ友プレゼントとしてのポイントが毎月5日に付与されます。そちらの付与を待って①をする、つまり①は毎月5日決行ということになるかもしれません。
わたくしは残念ながら待つほどの報酬がありませんので、1日にとっととしてしまいます。笑
また、初めてのポイント移行月には、当然③についてはまだ出来ません。③はひと月遅れ(②で移行申請した分の移行待ち)となりますので、翌月まで待ちましょう。

メトロポイントの有効期限


ところで、①~③まで20000P移行モデルで記しましたが、獲得ポイント数によってはひと月にもっとポイントを移行していけますよね。
そうなった場合に、月20000Pと上限のあるメトロポイント→ANAマイルで足止め(?)が生じます。つまりメトロポイントで滞ってしまうことに。
その際に注意しておくのが有効期限となります。

メトロポイントのサイトに有効期限について書かれています。

メトロポイントの有効期限について

毎年4月1日から翌年3月末日までの間に付与されたメトロポイントは、翌々年の3月末日まで有効です。(最長2年間)
メトロポイントは、毎月11日に会員のメトロポイント口座に記録され、記録された時点からの有効となります。
有効期限を過ぎたメトロポイントは自動的に失効します。

ドットマネーギフトコード

ポイント移行についてもう1点!
ドットマネーといっても、実はそのドットマネーでも移行の仕方が異なってくる場合が出てくるんです。
ちょびリッチとポイントインカムにおいては、通常のポイント移行同様、ただ交換申請をするだけで規定期間内にドットマネーへと移行されるので問題ないのですが…。

ところが、ハピタスの場合は、ドットマネーギフトコード扱いとなっているんです。
ハピタスから20000Pをドットマネーギフトコードへと交換申請したとします。ココまでは一般的な移行と同じです。

そして規定期間ののち、ハピタスのメールにギフトコードが届きます
メールにはリンクが貼ってありますので、そのURLをクリックすることにより、そのときにログインしていたドットマネーIDの口座へとポイント反映されます。

もしくは、メールに記載されているギフトコードを直接貼り付ける、という方法もとれます。

f:id:moonbow5:20160925180740p:plain


こちらにコードを貼り付けることによりドットマネー口座にポイント反映されることになります。
コードを貼り付ける際のIDに制限はありませんので、他の方へのプレゼントが可能ということにもなります。
名称がズバリ、ギフトコードですので、移行申請した本人だけでなく、別の方へとこの方法でポイント付与することが出来る、といった具合です。
実際、オットの名義で申請したハピタス→ドットマネーギフトコード分を、わたくしのドットマネー口座へと反映することをしてみました。
こちらの方法で、いろいろと融通が効くこととなるかなあと思います。現状維持であってほしいです!


実際のポイント移行をされるまでは、このように説明を見てもピンとこないというか、難しそう~ややこしそう~って思われるかもしれませんが、いざ自分でやってみると移行手順は各ポイントサイトの画面通りに進めるだけですし、特筆するほどのこともないんですよね。
ただ、移行スケジュールだけは最初混乱するかもしれませんが、操作そのものは何ら問題ないと思いますので、日にちや数字の管理さえきちんとしていれば楽勝だと思いますよ!

がんばってまいりましょう~~~☆


↓ランキングに参加いております。
ポチっとよろしくお願いいたします☆

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村